efoを改善すると売上アップを期待できる!

パソコン32

インターネット上で商品やサービスを購入する際、最初の入り口となるのが会員登録やお問い合わせなどの情報入力フォームです。インターネット通販で数多くの方が買い物をするようになった現在、企業にとってwebサイトは売上を獲得する上で大きな位置を占めるようになりました。

このため、使いやすい入力フォームを用意することは非常に大切です。

ここでは入力フォーム最適化の重要性を説明するとともに、改善策を紹介します。

efoとは

efoとはお問い合わせフォーム、申し込みフォーム・登録フォームの入力でユーザーの入力の労力を軽減し完了率を向上させるための施策のことです。

Entry Form Optimizationの略で入力フォームの最適化を意味しています。通信販売や会員登録などの場面で、ユーザーは入力項目が多かったり、入力エラーが起こったりすると途中で入力をあきらめてしまいます。

これは途中離脱と呼ばれますが、入力ページなどに移動したのに、情報の入力や送信しないユーザーの割合は50%を超えるとされています。この状態のままでは、webサイト側が訪れた数多くの潜在顧客の商品やサービスへの興味を奪っていることになります。

入力フォームを改善すると

webサイトに訪れてくれたお客さまを、入力フォームの使いづらさから自ら門前払いしてしまっているwebサイトも多いです。商品はサービスは魅力的なのにです。このため、webサイトの最適化であるefoは非常に重要です。

会員登録やその後の商品やサービスの注文、お客さまが実際に買い物を済ませるまでには入力フォームを避けて通れません。上述したように50%以上の途中離脱率があるのですから、入力フォームを改めるだけで売上増が見込めるのはなんとなくわかるでしょう。

途中離脱率を減らす策を取るとコンバージョン率を高められます。

入力内容が細かい

では、なぜwebサイトを訪れたユーザーはページを途中で離脱してしまうのでしょう。まず、一番に考えられるのは入力項目・必須項目が多いのが原因として考えられます。項目数が多いと一目見ただけで面倒になり、やる気が失せてしまうこともあります。

それにまだ買い物もしていないのに、個人情報を多く入力したくはありません。また、情報を入力後さらに追加の情報を入力しなければいけないとなると、さらに意欲を失ってしまうこともあります。

エラーが起こり対処できない

入力フォームでは情報の誤入力を避けるために、エラーがあると入力項目の色が変わるなど強調されるようになっていることも多いです。しかし、ユーザーは強調表示がなければどこにエラーがあるかわかりませんし、強調されても何が間違っているのか理解できないことあります。

何が間違っているのかはっきりと伝えないと、修正もできません。しかし、これらの問題には改善策はあります。改善策はefoでユーザーの入力時の負担を可能な限り減らすことです。

入力項目を減らす

webサイトの運営側はその先のマーケティングのことを考えて、顧客情報は極力細かく多く収集したいと考えがちです。年齢、性別、出身地、サイトを知った経緯など数多くの項目を設定しているところも多いです。顧客情報を獲得することも確かに大切ですが、これではお客さまを途中離脱させてしまう可能性もあります。

そのため入力項目は極力減らして、必要最低限にとどめるようにしましょう。プラスアルファする情報は1つや2つに絞ったほうがいいでしょう。

わかりやすくする

誤入力に対する対処ですが、入力項目にガイドを表示させて入力しやすく方法があります。入力する箇所にたとえば、お名前のところには〇田〇男、メールアドレスにはxyz@○○.jpなどといった具合に表示させます。

入力例がわかると誤入力も減り、次の段階にも進め途中離脱も少なくなるでしょう。これは実際に多くのwebサイトの入力フォームで採用されています。これはHTMLの知識があれば、自分でもできます。HTMLタグを使うと入力項目のガイドは表示できます。

住所入力と全角半角

そして一番間違えやすい項目の住所入力の改善策です。入力する文字数も多く、全角半角の間違いなど誤入力が増えます。これには、郵便番号を入力すると住所を一定のところまで自動的に入力してくれる機能があります。便利な機能なので、導入するとお客さまの負担を減らせるでしょう。

全角半角も間違いやすい項目で、打ち込んでも誤入力の判断が一目ではつきづらいものです。ここでエラーが多発して先へ進めずあきらめてしまうこともよくあるようです。これにも改善策はあり、項目ごとに全角と半角を自動で変換できるようにコーディングすることができます。

エラー表示はその場で

また、エラーはその場で表示することも大切です。項目の入力が済んだ後、送信ボタンや申し込みボタンを押してから間違っていますと促されるケースもあります。ボタンをクリックして移動するかと思いきや、やり直しというのが続くとやる気がなくなってきます。

エラーを探して入力しなおし、再送信というのは非常に面倒です。項目を入力してすぐや次の項目を入力しようとしているときなら、ページをスクロールさせることもなく修正しやすいでしょう。効率よく入力作業をできるようになるはずです。

他ページ移動するときにはメッセージを表示

パソコン35

必要な項目を入力しているときに、うっかりミスから他ページへと移ってしまうこともまれにあります。入力していたページから他ページへ移ると、入力した内容は消えてしまいます。想像してみても元のページに戻った時点ですべて入力項目が消えていると、ここで途中離脱する人も多いだろうと推し量れるでしょう。

これは、ページ移動時に確認のメッセージ表示するようにすれば防げるはずです。確認メッセージで「他のページに移りますがよろしいでしょうか?入力した内容はすべて消えてしまいます。」とあれば多くの人を入力フォームに留めることができるでしょう。

efoツールを導入する

webサイト上の入力フォームは、自社内のスタッフでコーディングをして改善するすることも可能です。しかし、最近は便利なefoツールが数多く登場しています。費用は必要になりますが、途中離脱してしまうお客さまを減らせるなら導入の価値はあるはずです。

efoツールは誤入力について改善策が取られており、エラー発生数や離脱率、発生のタイミングをレポート機能で確認し分析できるものあります。efoツールを提供している会社には、導入後の無料コンサルティングを行っているところや手厚いサポートで定評なところなどさまざまあります。