efoの比較の重要性!収益に直結するケースも

パソコン18

efoを充実させることが、ネット上での集客を図る上での重要ポイントといえます。パソコンやスマホ、タブレットなどを使って自社のサイトに訪問してくるユーザーをどれだけ顧客に取り込むことができるかがカギです。

商品購入や会員登録などをストレスなくユーザーができるようにすることがサイト運営者に求められます。詳細を見てみましょう。

ビジネスチャンスを着実にものにする

efoの重要性については、改めて説明するほどもないかもしれません。ありとあらゆるジャンルにおいてネットワークサービスの影響力が大きくなっている現代社会においては、なくてはならないものといえるのではないでしょうか。

そもそもefoという言葉自体についての理解にも苦慮している人も多いはずです。私自身もefoという言葉を初めて聞いた時には一体何のことかと思い悩んでしまいました。しかしながら、その意味を理解すればするほどに重要性を理解するようになったのです。

ずばり、efoとはEntry Form Optimizationを略して表現した言葉であり、わかりやすくいえば、入力フォームの最適化のような意味合いです。「まだ何のことかわからない」という人もいるかもしれませんが、パソコンユーザーなどが問い合わせ画面や登録画面などの入力をする際にいかに楽に入力しやすい状態にするかということです。

この点がクリアになることで、ユーザーのストレスが軽減されることはもとより、使い勝手の良さに満足するユーザーも増えることになるのではという期待感も増しています。ユーザーが入力フォームを簡単に理解し、実際に入力することができれば、サイトの運営者にとっては、大きなメリットといえるでしょう。

今、問題になっているのが、せっかくユーザーが入力フォームにたどり着いても、その入力方法が複雑でわかりにくいなどの理由で、途中で放棄してしまうことです。この点については、みすみすビジネスチャンスを逃すことにもつながりかねないとして運営者にとっての大きなリスクになっています。

着実に集客を図りたい事業者からすれば、直ぐにでも対処しなければなりません。

いかにして途中放棄者を減らしていくか

ネット時代において、多くの集客を図るためには、いかにしてサイト訪問者を増やすと同時に、最終的には会員登録や商品購入、問い合わせなどをしてもらう数を増やすかということです。ユーザーはパソコンやスマホ、タブレットなどのデバイスを使って自らの興味関心がある商品やサービスを求めてくることはいうまでもありません。

いかに魅力あふれる商品やサービスを提供していても、最終的に会員登録や商品購入などに結びつかなければビジネスとしては成功とはいえません。そのような視点からもefoの重要性がクローズアップされるようになったのです。

コンバージョンという言葉をご存知でしょうか。コンバージョンとは、最終的にユーザーが会員登録や商品購入などをするアクションのことです。サイト運営者や事業者にとっては、いかにコンバージョンを多く獲得するかにしのぎを削ることになります。

そして何よりもコンバージョンのモチベーションを持ったユーザーを着実にものにすることも重要といえるでしょう。万一、入力の仕方が難しいなどの理由で、ユーザーの途中放棄があるならば、明らかな機会損失と言わざるを得ません。

ユーザーに過度の負担をさせないことがポイント

どのようにしたら、ユーザーを確実にものにできるかという点については、ビジネスを手掛ける人には意識しなければならないことといえるでしょう。

むろん、そう簡単にいくものではないかもしれませんが、知恵を絞って顧客数を伸ばしていくことが求められます。ネット上での集客を求めるなら、いかにしてコンバージョンを上げていくかがカギになることはいうまでもありません。

商品やサービスを購入してもらったり、会員者数を伸ばすにあたっては、商品購入や会員登録をしてもらうことが不可欠です。その際には、いかにしてユーザーがストレスを感じることなくできるかが重要といえます。そのためには、入力項目数をできる限りに少なくすることや、入力に時間がかかることがないようにすることなどが挙げられます。

むろん、必要最低限のことを入力してもらう必要はありますが、過度になりすぎないようにすることが大事です。

半角全角などは運営者が対応することも

パソコン32

「いかにして入力の負担を軽減するか」については、多くのサイト運営者が頭を悩ませる点です。efoを考える上でも最も肝となる部分といえるのではないでしょうか。アコーディオンという手法も最近になって多く使われています。

アコーディオンとは、最初から多くの入力項目があることを隠しておいて、入力を進めることで、後から入力項目が画面上に登場するというものです。視覚上のトリックともいえるかもしれませんが、項目数が多いことにストレスを感じて、入力を放棄されることを回避する効果が期待できます。

文字やアルファベットなどを入力する際の半角か全角などの違いもユーザーにとっては大きな負担となるケースもあります。私自身も何度も経験がありますが、これもできる限りユーザーに負担をかけないようにしておくことは重要ではないでしょうか。

できるならば、サイト運営者側で半角全角どちらでも対応可能にするなどの対策を講じることなども必要かもしれません。

販売戦略にも通じるefo

パソコン23

efoがいかにネット上での集客を図る上で重要なことかという理解は徐々に進んできました。商品購入や会員登録、問い合わせなどのフォームにたどり着くものの、入力の仕方などが煩雑などの理由でユーザーが途中放棄する事態を減らしていくことはサイト運営者の急務といえるでしょう。

最近では、efoと人工知能とを組み合わせるなどの取り組みも始まっており、多くの関心を集めています。「自社の手掛ける商品やサービスがイマイチ伸びない」などの悩みを抱える経営者や個人事業主、マネージャーなども多いのではないでしょうか。

そのようなケースでは、efoについて比較検討してみることも重要かもしれません。どんなに優れている商品やサービスでも、販売戦略やマーケット分析などができていなければ、宝の持ち腐れと言わざるを得ません。一方、efoの対策が奏功することで、集客力がアップするという場合も増えています。

時代の流れに合わせての取り組みが必要不可欠です。